052-808-3822営業時間 / 10:00~17:00

MATERIAL

現代の住宅で使われる大量の化学物質は、
頭痛やのどの痛みを起こす「シックハウス症候群」の原因の一つだと言われています。
私たちの家づくりは、木材や天然石といった身体に害のない無添加素材を使うのが基本。
住まう人に優しいだけでなく、年月が経つにつれて独特の風合いが出てくるため、
暮らすほどに愛着が湧くこだわりの住まいです。

なぜ、無添加・自然素材に
こだわるのか

本当に純度の高い建材だから、昔の日本の家に近い空気環境をつくることができる。

本当に純度の高い建材だから、
昔の日本の家に近い空気環境をつくることができる。

漆喰と言っても10%本物の漆喰で後は樹脂なんて製品もたくさんあります。
それでは結局は石油製品の中で暮らすことになる。
昔の家は木、土、紙、石の中で暮らしていました。
無添加住宅はそれに近い住環境をつくることと同じ。
自然のものはちゃんとした使い方、適材適所でやれば傷みません。それは、古から現存する建造物を見れば一目瞭然。現存十二天守はまさにそれです。五重塔も生き証人。
自然の物は使い方さえ間違えなければこのようにずっと維持され、人の生命・財産を守ってくれるのです。
石油製品は人間が知恵を絞って加工してつくりあげたもの。
加工されたものは必ず無くなるのは世の常です。
無添加素材は身体に優しいだけでなく、長持ちの秘訣でもあります。
無添加漆喰は遠赤効果もあり、身体を冷やしません。電気代も節約でき、いいことづくめです。

on・newこだわりの自然素材

自然乾燥奥三河材

自然乾燥奥三河材

私たちが使うのは、良質な奥三河のヒノキや杉を時間をかけて自然乾燥で仕上げた建材です。高温窯による人工乾燥では木材の芯に割れが発生する可能性がありますが、自然乾燥した木材は本来の強度を損なうことがないため、丈夫で長寿命な建材として使用できるのです。

石屋根

石屋根

屋根材には天然石を使った石葺き屋根の「クールーフ」を使用しています。暑い夏には隙間から風が入り家全体の温度を下げることで、涼しく快適な住環境をキープ。また、広い面積の石を使うので重ねしろが少なく、瓦屋根よりも軽く仕上げられることもメリットです。

漆喰の壁

漆喰の壁

漆喰は石灰岩から作られた天然素材で、古くから家屋の外壁として使われてきた歴史ある建材です。微細な穴がいくつも空いている構造のため、空気中の湿気を調整していつでも快適な室内環境を作り出します。さらに建築基準法で認められるほどの防火性能も備えています。

屋根野地板

屋根野地板

屋根を葺く際の下地となる板が屋根野地板です。通常は人工的に作られた合板を使用しますが、雨による劣化が起こりやすいという弱点があります。私たちは湿気にも強い無垢材を使用することで、建てた後に屋根の補修をする必要がなく、次世代にも安心して引き継げる丈夫な家を作ることができます。

断熱材

断熱材

私たちが使用するのはリサイクルペット樹脂から作られた「パーフェクトバリア」。高い断熱性能と、有害な化学物質を出さない安全性を両立しています。さらに、石綿のようにミクロの欠片が飛散して肺に入るということもありません。人と環境にやさしい理想の断熱材です。

フローリング

フローリング

住む人にとって、床は家の中で一番触れることが多い場所。だからこそ自然素材にこだわって作っています。薬剤を使わず防虫・防カビ処理を行った国産の無垢材を使用。さらに、素材の持つ調湿機能を活かすため、完全無塗装が基本です。

自然塗料

自然塗料

無垢材で作られた家は完全無塗装で住んでいただくのが理想ですが、汚れるのが気になるという方には木の調湿機能を損なわない自然塗料をお勧めします。私たちは茶褐色に仕上がり、防水・防カビ効果のある柿渋と、木の風合いを活かしドライな仕上がりになるArborドライワックスの2つをご用意しています。

国産イグサ畳

国産イグサ畳

市場では80%以上が中国産のものですが、私たちは国産のイグサ畳にこだわります。しっかりと成熟したイグサを使い、適度な含水率で仕上げるため、表面が丈夫なイグサ畳ができるのです。また、泥染めという工程を経ることで変色を予防し、耐久性も向上させています。