052-808-3822営業時間 / 10:00~17:00

VOICE

オールアースリフォーム

名古屋市守山区 S様

新築入居後数か月で電磁波対策としてオールアースリフォームをされたお客様にインタビュー。

Q:電磁波の影響とわかるまでどんな症状があったのでしょうか?

A:引っ越しをした当初は手がしびれ、疲れが取れないし、そのうち足先もしびれてきました。突然夜中に背中が日焼けしたみたいに熱くなりヒリヒリして目が覚めてしまったり、全身が熱いと感じたり・・・しかし汗もでないし、更年期障害なのかなと思っていました。この時、些細なことでキレやすくなってしまった自分がいます。今思うと電磁波の影響だったのでしょうね。近くの整形外科に行きました。

 

Q:しびれ、熱くてヒリヒリ、キレやすい・・・ここまでの症状は聞いたことがありませんでした。 多くの方はなんとなく身体がだるい、おかしいなという感じて病院に行かれ、原因がよくわからないという診断 をされる方が多いと聞いています。女性と子供さんが影響を受けやすいと電磁波測定士の中では認識があります が、ここまでの症状は初めてお聞きしました。整形ではどう診断されたのですか?

A:病院では原因が分かりませんでした。

 

Q:それからどうされましたか?

A:自分でいろいろと調べてみると、電磁波の影響ではないかとわかってきて、近くの電磁波対策をしている施術院 に足を運びました。 「このベッドに10分横になって体が楽になったら、電磁波の影響」と言われ、やってみるととても身体が楽になったのです。

Q:それで電磁波の影響だとはっきりとわかったのですね?

A:はい、そうなんですが、自宅に戻ると元に戻ってしまいました。岡山の電磁波測定士さんも自宅まで来てくれて、静電気対策の肌着、靴下を譲って下さいました。それを身につけるととても楽になりましたが、根本的な自宅の電磁波対策をしないとと思い、うえやまさんにお問合せしました。

Q:それで弊社までお越しくださったのですね。初めてお会いした時の奥様と今日とは全く表情が違います。 ご来店いただいた時は、少しお疲れになっている感じを受けましたが、今日はキラキラされています! 今ひそかなブームになっているのが、身体から静電気を抜くアーシングというものがあります。 裸足になって大地を踏む。アースという言葉を調べると「大地を電路の一部として利用するために、電路を地面につなぐこと。電気機械から電気を大地に逃す安全装置。接地。」とあります。人が帯電しても大地と接する事で逃げていくという考え方がアーシングです。その考えを木造住宅用に開発されたのがオールアース住宅ですね。実際にオールアースリフォームをされて住まわれて改善されたことはありますか?

A:今までは家のどこにいてもビリビリしていましたが、環境がすごくよくなり、日常生活には問題ありません。 以前住んでいた家がありますが、そこにたまに戻ったりもしています(笑) 環境がよくなったせいで、今はちょっとしたことで感じたりすることがあります。例えば、リフォームできなか ったところに行くと感じたり、一つのスイッチ・コンセントの近くに行くと感じたりします。

あと家電にはアースをとってありますが、そこに行くと感じるんです。特に冷蔵庫。冷蔵庫にはアースをとっていますが、扉はそこにつながっていないことがわかり、主人にドアもアースしてもらったら改善しました。キッチンの前に立つと感じるので、そこも主人が調べたら、キッチンの裏にある電気配線から伝わってくるのがわかりました。 蛇口にも伝わっていました。家電も対策しないといけないと思いました。オールアースリフォームしたからいいというのではなく、リフォームして住んだ後にわかることがあります。 だからせっかくオールアース住宅と言う素晴らしい技術があるのですから、工事が終わった後、実際に住んだ後にもう一度対策をできるようにすると完璧です。ここはぜひ工事される方にはお願いしたいです。

   

Q:住んだ後にもう一度チェックして次の対策をお客様と考えていくということですね。そこは我々も未熟でした。私たちは工事をした後にそこには住みません。住まないから本当の事がわからないのは確かです。新築後に伺ってインタビューさせていただきますが、なかなか100点満点を取る事は難しいのは知っています。そこは後日の改善にしていきますが、電磁波に関しては後日改善ではいけませんよね。教えていだたいたことは今後必ずつなげていきます。他にもっとこうするといいというものはありますか?

A:家電を追加したり、移動したりするときに、そこのコンセントにもう一本アース線をいれておくだけで 住む人自身で対策することができます。ぜひ生活の変化も予想してアース線を潜ませておくことをして欲しいと 思います。

 

Q:家族の暮らしに変化できるよう設計は考えておこなっていますが、オールアースに関しても同じ考えで取り 組んでいきます。この気遣い一つ、住宅建築に携わるものの使命ですね。ありがとうございます。あとから対策 さたれのはご主人様ですよね?ここまでされるって奥様のことを本当に大切にされているんですね。素敵です。

A:ご主人様/私は建築関係の仕事しているので、こういうことはできますが、普通はできないと思います。だから 後から自身で対策もできるようしておくと喜ばれると思います。ぜひそうしてあげて下さい。我が家は私が妻の 意見を聞いてこれからは対策やっていきますが。

Q:かしこまりました。建築関係じゃないとできないのは間違いないですよね。プロとしてもっと心配りできるよう 努力していきます。

A:ご主人様/建てる時に知人から木造は電磁波が強いから、特にコンバーターのところが強いと聞き、太陽光を諦めた経過がありますが、これをつけていたらもっと強い電磁波の影響を受けてたかもしれません。

Q:ご主人様は電磁波は感じるのですか?

A:全然(笑)

Q:私もです(笑)でもオールアースを知った時、ベッドの下にインナーマットを敷いてアースをとったら朝起きた 時の肩こりが無くなりました。それまでは500V/mの電場数値。スウェーデン基準・電磁波測定士基準は25V/m なので、20倍ですね(笑)

今日教えていただいたことを活かしてまいります。貴重なご意見をいただき、本日はありがとうございました!