052-808-3822営業時間 / 10:00~17:00

WORKS

猫たちとシェアするリビングダイニング

    オーナー様からオーダー頂いたのは、猫5匹と家族がリビングダイニングをシェアしたいというご要望でした。 今までは猫たちがこのマンションのリビングダイニングを自由気ままに動き回っていましたが、壁や家具、家電を痛めてしまっていました。 人も猫たちもストレスなく部屋をシェアすることと、無垢材と漆喰を使うことがテーマになりました。 元のキッチンも猫たちと共有で、猫たちがいたずらしないように工夫はしていましたが、やっぱりちょっと大変。 クロス貼りの壁も爪研ぎに最適でボロボロになってしまっていました。お掃除や補修も大変でした。 他の問題は、鉄筋コンクリートのマンションなので夏の湿度の高い季節は床がベタつくこと。臭いがこもってしまうことでした。   もうひとつの問題は猫たちと人のスペースを仕切りたいけども、南向き縦長のリビングダイニングなので、壁を作ってしまうと自然光がキッチンまで入らないことと、エアコン1台しか設置ができないため、室内の温度調整をどうするか。   その問題は猫たちのスペースとダイニングスペースを木の格子と収納で仕切り、猫たちが抜けられない程度に大きいスパンにし隔てる面積を最小限に設計。ダイニングから猫たちの様子も見ることができ、光と快適な空気も共有。 収納スペースを作りつつ、仕切りの格子を立てていきます。   空調が巡回するように足元まで格子で、空気や埃が溜まる空間はない様にしました。   運動が大好きな猫たちのスペースの初期のプランは可動式のジャンプ台を検討していましたが、不安定になったり、もしジャンプの反動で外れることのない様に固定式のジャンプ台に変更しました。レイアウトはお年寄りの猫も若い猫もスペースの取り合いにならないように、猫の気持ちになって配置しました。 RCの壁側は下地を組んで、猫のステップを固定していきます。トイレの位置や電動式の水場もレイアウトに組み込み、雑然とならないようにします。   漆喰でRCの壁を仕上げていきます。   仕切りの格子壁側は壁のステップに合わせて取り付け位置を決めていきます。   自然素材のツートンでメリハリもありながら優しい空間に仕上がりました。   引っ越し先から戻ってきた猫たちも場所の取り合いもなくステップで遊んでくれています。   ダイニング側から猫たちの様子が見えます。猫たちも家族の様子が気になる様です。   漆喰の壁 気に入ってくれたかな。       人のスペースは、リビングの中央に置かれた冷蔵庫は目隠し壁を作り、そこへ収納。キッチンは同じサイズで入れ替え広く見せるため、漆喰と同じ白で統一。   床は無垢の桜の木を使用。猫スパースまで通しました。漆喰と桜の木の柔らかな色味がふんわりと優しい空間に仕上がります。無塗装仕上げで、梅雨の時期も足元はさらっとしています。特に無塗装は調湿効果もあります。   仕切りの扉は猫スペース側からは簡単に開けられないようにし、ダイニング側から物を持ったままでも開けられるラッチにしました。   ダイニングのテーブル、ベンチも収納と同素材で造作しました。   工事が終わる頃、古株猫のジジさんがいちばんに引っ越し先から戻ってきました。ステップ間を移動してみたり散策していました。仕上げ作業している私にたくさん話しかけてきてくれました。気に入ってもらえた様で良かったです。 みなさん引っ越し後も、漆喰の壁や木部分を引っ掻いたりしなくなったそうです。漆喰の消臭、殺菌効果なのか猫の臭いも無くなったそうです。 こちらのお部屋は完全予約制で内覧可能です。ご希望の方はお問い合わせよりご連絡ください。